558542_554506434622545_475874456_n

【3/25】図書館研究会第3回「マイクロライブラリーの楽しみ」まちライブラリー提唱者礒井純充さん

図書館研究会第3回「マイクロライブラリーの楽しみ」

近年、日本中に増え始め各地で活発に活動をする「小さな図書館」=「マイクロライブラリー」に広く呼びかけ、昨年8月に日本初のマイクロライブラリーサミットを開催した磯井純充さんをお迎えし、自身が提唱するまちライブラリーを中心にマイクロライブラリーの可能性についてお話し頂きます。

【日時】 2014年3月25日(火)19時~20時

【会場】 船橋北口図書館(船橋市海神2-8-14)

【会費】 1000円

【お申し込み】 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/1397236160537281/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690

【講師】 まちライブラリー提唱者 礒井純充 さん

1779468_606065889466599_1687770902_n

【紹介】 まち塾@まちライブラリー提唱者、財団法人森記念財団 1981年4月、森ビル株式会社へ入社。

1987年、社会人教育機関「アーク都市塾」の立ち上げに携わる。

1996年、都心での産学教育・研究連携活動拠点「アカデミーヒルズ」事業を提案する。

IT関連事業の構想・実施を経て、2003年、「森アーツセンター」、「六本木アカデミーヒルズ」を開設、

知的交流拠点「スクール」「ライブラリー」「フォーラム」事業の総合事務局長を務めた。

その後、広報室長を経て、2010年9月より「まち塾@まちライブラリー」の取組みを開始。

現在全国約60箇所に展開し、同時に全国に学びあいの「学縁(ガクエン)」をつくるべく活動中。

2013年、まち塾@まちライブラリーがグッドデザイン賞2013とLibrary of the Year 2013を受賞。

まち塾@まちライブラリー(http://machi.is-library.jp/)

facebookのイベントページはこちらから

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

book

【3/19】著者と語る第2回「地域の力を引き出す学びの方程式」柏まちなかカレッジ 代表 山下洋輔 さん

 著者と語る第2回「地域の力を引き出す学びの方程式」

 

『地域の力を引き出す学びの方程式 柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』の著者である

山下洋輔さんをお迎えして、まちを元気にするために“みんな”ができることを考えます!

 

【日時】 2014年3月19日(水)19時30分~20時30分

【会場】 船橋北口図書館(船橋市海神2-8-14)

【会費】 1000円

【お申し込み】 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/263359600490523/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690

【講師】 柏まちなかカレッジ学長 山下洋輔 さん

【紹介】 柏まちなかカレッジ学長。柏市議会議員。元高校教諭。

学校教育だけでは解決できない課題に直面し、議会から地域から働きかけてきた。

「教育のまち」を目指し奮闘中。1978年4月生まれ。千葉県立東葛飾高校卒業。

早稲田大学教育学部卒。同大学院修士課程修了後、土浦日大高校にて教諭。

早稲田大学大学院教育学研究科博士課程を単位取得後退学。

一般社団法人 教育共創研究所 代表理事。学び合う場を作る教育コンサルタント。

【趣味・特技】 歴史散策、剣道(三段)、絵画、カポエィラ、三線、バイク、JAZZ鑑賞

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

facebookのイベントページはこちらから
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

『地域の力を引き出す学びの方程式 柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』

出版社: 水曜社 (2013/10/30)

内容紹介

まちを元気にするために“みんな”ができること

 

地域で暮らす人の能力を引き出す。

才能ある人や素敵な空間にスポットライトをあてる。

だれでも交流できるプラットフォームをつくる。

これからの時代に向けた新しいスタイルのコミュニティを築く。

地域に生きた人々の経験や思い出に価値を見いだしていく。

それらを資源としてまちを活性化させる。

 

そんな循環を生み出すためには何が必要なのか。

 

地域のもつエネルギーを引き出し、自分たちの住むまちをもっとすばらしいまち”にする「柏まちなかカレッジ」の取り組みを紹介する。

 

【目次】

1章 柏まちなかカレッジへようこそ

まちなかカレッジ開校式までの道のり-まちの担い手を育てる先輩の存在。開校式に向けて-みんなで作るカレッジ校歌 ほか

 

2章 柏まちなかカレッジをつくるもの

まちの人が先生に-身近な当事者の話が面白い/まち全体が教室に-ソクラテスのように/組織のかたち-役職は自分で名乗る ほか

 

3章 柏まちなかカレッジがやってきたこと

朝活サークル読書会/焚き火ダイアログ合宿/マリ大使にまちカレを提案/波乱万丈の「デンマークの友人と教育を語る会」 ほか

 

4章 柏まちなかカレッジの仲間たち

どんぐり宇宙センター/カフェ・マ/R2/66(ダブルシックス)/共同アトリエPot /ハックルベリーブックス/エッジハウス ほか

 

5章 学び・対話から社会課題解決につなげる仕組み

ワールドカフェの限界とフューチャーセンターとの出会い/行政への働きかけ/オランダのフューチャーセンター訪問 ほか

 

6章 食でつながる地域社会

食育でつながる社会/プロジェクトを通した学び/リーダーを支えるチームメンバー/コミュニティ食堂チームに舞い込んだ事業 ほか

内容(「BOOK」データベースより)

「誇りのもてるまちをつくりたい」「もっと自慢できる土地になって欲しい」そう願うすべての人に読んで欲しい一冊。

山下/洋輔

柏まちなかカレッジ学長。柏市議会議員。元高校教諭。学校教育だけでは解決できない課題に直面し、議会から地域から働きかけてきた。「教育のまち」を目指し奮闘中。1978年4月生まれ。千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。同大学院修士課程修了後、土浦日大高校にて教諭。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程を単位取得後退学。一般社団法人教育共創研究所代表理事。学び合う場を作る教育コンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

8314_0

【3/15】著者と語る第1回「絵本ライブ」絵本作家かたおかけいこさん

著者と語る第1回「絵本ライブ」

 

絵本作家であるかたおかけいこさんの絵本ライブです!

かたおかけいこさんのご著書『おかあさんのまほうのおうかん』、『ゆみちゃんとえんぴつさん』

当日会場にて5冊ずつ販売いたします。ライブ終了後、サインもしていただけます!

 

【日時】 2014年3月15日(土)17時~18時

【会場】 船橋北口図書館(船橋市海神2-8-14)

【会費】 1000円

【お申し込み】 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/817407721608266/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690

【講師】 絵本作家 かたおかけいこ さん

image

【紹介】 山口県柳井市生まれ。早稲田大学第一文学部(心理学専攻)卒業。名古屋市在住。

お話作りの傍ら自作品を読み語り歌う“お話ライブ”を保育園、幼稚園、小学校、図書館、

 

書店など各地で開催。また、主に小学生を対象にお話し作りのワークショップを生涯学習セ

 

ンター、小劇場、小学校などで行っている。現在、全国の泣き虫さんに「まほうのおうかん」

 

を届けよう!プロジェクトで、幼稚園・保育所・図書館などを中心に各地を回っている。

(ホームページ:http://kataokakeiko.jimdo.com/)

facebookのイベントページはこちらから

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『おかあさんのまほうのおうかん』

作: かたおか けいこ
絵: 松成 真理子
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社

IMGP2222-325x180

【3/10】情報ステーション第10期中間報告会

10年目を迎えた情報ステーションでは、日頃の活動や今後の計画などを多くの方に知って頂きたいと思い、上半期の活動報告会を行います。

今回の中間報告会では、新たに開設した図書館のご紹介を中心に、経営状況や計画など情報ステーションについて詳しくお話させて頂く機会にできたらと思っています。

報告会終了後は懇親会も予定していますので、お友達やお知り合いの方とお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください!

■日時:3月10日(金) 開始:18:30 終了:20:00 (20時から懇親会予定)
■場所:きららホール 千葉県船橋市本町1-3-1船橋フェイス6階
■参加費:無料

報告会終了後に懇親会を予定しております。ぜひご参加下さい。

facebookのイベントページはこちら

140217自画像

【3/8】本と働く人々第2回「本は生きている~デジタル時代の古本屋~」バリューブックス廣瀬聡さん

本と働く人々第2回「本は生きている~デジタル時代の古本屋~」

 

大掛かりな「デジタル時代の古本屋」と実務的な「ネットの古本屋が始めたソーシャルビジネス」について語ります

 

【日時】 2014年3月8日(土)17時~18時

【会場】 船橋北口図書館(船橋市海神2-8-14)

【会費】 1000円

【お申し込み】 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/821790461181484/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690

【講師】 株式会社バリューブックス シニアマネージャー(准認定ファンドレイザー) 廣瀬聡 さん

140217自画像

【紹介】 1959年、広島県生まれ、東京大学 柔道部卒。1982年メーカー(日清紡)入社、

      大阪を経て1993年から船橋在住、2009年に退職し、東京大学で寄付事業に携わる。

      2010年、東京大学「古本募金」の企画に参加して株式会社バリューブックスに出会い、

      2011年に入社。NPO、大学向け寄付関係業務を担当して現在に至る。

      民間企業から巨大な非営利組織である大学へ、更に営利と非営利の二つの顔を持つ

      ベンチャー企業へと職場を変えつつ、社会と人生に悩み続ける団塊と団塊ジュニアの狭間世代。

facebookのイベントページはこちら

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●