10276486_626227170792060_2041434740_n

【7/13】JASH定期講座第3回「教えてほしかった保健体育 〜性の多様性、LGBTs〜」Queer&Ally(クィア&アライ)代表はるさん

JASH定期講座第3回「教えてほしかった保健体育 〜性の多様性、LGBTs〜」

 

学校のなかでなかなか教えてもらえない性のことや恋愛のこと。 知らないことで誤解してたり、相手と喧嘩してしまったり・・・・。

最近はニュースや新聞でも見かける「LGBT」。 レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー。

日本でも人口の5.2%いるとの統計がありますが、直接会ったり、話したりしたことありますか?

自身の経験も踏まえ、LGBTだけでなく、さらに多様な性についてワークショップを交えながら、お話します。

 

【日時】 2014年7月13日(日)19:00~20:30

【会場】 船橋北口みらい図書館(船橋市海神2-8-14)

1

【会費】 1000円

【お申し込み】 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/645495742208225/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690

【講師】 Queer&Ally(クィア&アライ)代表 はる さん

【紹介】 Queer&Ally(クィア&アライ)代表。1989年青森県生まれ。東北大学法学部に入学。2011年秋から2年間休学。

海外の若者がゲイであること理由にいじめられ、自殺したニュースを知り、胸が苦しかった。

日本の状況も変えていきたいと泣きながら思った。それをきっかけに関東のLGBTsや場つくりについて体験を通し学び始める。

学びつつ、自分でも伝えることができるんじゃないかと思い、2012年8月から個人でLGBTsについて人前で話すようになる。

2012年12月に「誰もがQueer(変わり者)であり、誰もがAlly(理解者)である」を掲げ、団体として活動を開始。

20人に1人はいるLGBTsの人々も未来に希望を持ち、その友人や家族といっしょに笑顔で自分らしく生きられる社会を

つくっていきます。 ※LGBTとはゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとったものです。

facebookのイベントページはこちらから
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●